まこと法律事務所

2014年9月30日 火曜日

大阪府の弁護士で交通事故のことなら当法律事務所へ

交通事故のことは、諸手続きを適切に進めなければ、
不利益を発生させてしまうことが珍しくありません。
予想外の手続きによって、諸手続きが遅れてしまう、
などの問題が発生してしまうこともございます。

そのような問題を回避するためにも、
ぜひ早めにプロの弁護士にご相談ください。
諸問題を解決させていただきます。

何か理不尽なことがある、手続き上で不利益が発生することがある、
などの問題がございましたら、ぜひ早期に当事務所にご相談ください。

交通事故は、相手方との法律的な手続きはもちろんのこと、
不利益とならないために、正しい手続きを取らなければ、
デメリットを大きく被るリスクがございます。

そのような問題を放置することなく、早期に解決をすることで、
問題を円滑に解決をすることが可能ですので、
ぜひどのようなことでも、大阪府で交通事故関係に実績がある弁護士が多数在籍する、
まずは当事務所にご相談をされることをお勧めいたします。

交通事故では、自賠責保険や、治療費、また付随する交通費、
休業損害、後遺症の問題など、請求できる諸費用も多く、
計算も複雑になることがございますので、
不利益を被らないようにプロの法律家にお任せするのが安心です。

投稿者 まこと法律事務所 | 記事URL

2014年9月26日 金曜日

死亡事故のことなら、大阪の弁護士にご相談ください

交通事故の賠償金の請求は、
自賠責保険、相手側の保険会社の交渉が中心になります。
この手続きは、ご自身ですべてを進めようと思うと、
ご遺族様にとっての精神的な負担はもちろんのこと、
書類作成や、各種官庁への諸手続きだけでも煩雑になります。

特に死亡事故の場合、損害補償関連の資料が複雑になり、
また立証しなければならない各種証拠物も多くなります。
損害金も大きいため、早期に示談で解決しようとされることもありますが、
総額になると専門の弁護士に任せる場合と、
そのままご自身で交渉される場合では、
判例などによっては大きく金額的にも左右されてしまうことがございます。

そのような場合に備え、ぜひ大阪でも死亡事故など、
交通事故を専門に着手したことがある弁護士にご相談されてはいかがでしょうか。
当事務所であれば、各種手続きに関して迅速に対応をさせていただきます。

交通事故の各種諸手続きは、非常に煩雑になってしまうことも多いため、
出来る限り早めに解決をされることをお勧めします。
そのまま放置しておくと、不利益を被るリスクもございますので、
出来る限り早めに手続きを解決されるようにすることをお勧めいたします。

交通事故全般について、何か不明点がある場合も、
ぜひ早めにご相談されるようにお勧めいたします。

投稿者 まこと法律事務所 | 記事URL

2014年9月19日 金曜日

死亡事故の際は大阪府にある当事務所にご相談ください

死亡事故の際には法律事務所にご相談ください。
多額なお金の問題が生じるので、
専門的な知識がないかたが対処するのは危険です。
相手側はできるだけお金を支払いたくないという考えがあり、
色々な方法を駆使して交渉をおこなってきますが、
相手側の要求を素直に受け止めてしまうと、
後のその要求の意味を知ることになり、
後悔をしてしまうことになってしまいます。

保険会社との交渉も同様であり、
お金の支払いを少なくするという目的があります。
誠意を見せてきたとしても、本心からではなく、
あくまでお金の支払いを少なくしたいということであり、
悲しい話ですが、素直に受けとめるべきではありません。
弁護士を初めとした専門的な知識があるかたに対しては、
情に訴える方法をとっては来ず、
法律や相場に基づいた話し合いになり、
損をすることや相手側に得なることは少なくなります。

相手側はできるだけお金を支払いたくないとともに、
罪も軽くなるようにしたいと考えており、
交渉をしてきます。
相手側に有利になることを絶対に避けたいというかたは非常に多いです。
専門家に依頼をし、適切な対応をするべきと考えているかたが多く、
専門的な知識がないかたが対応するのと結果は違ってきます。

投稿者 まこと法律事務所 | 記事URL

2014年9月12日 金曜日

死亡事故の際は大阪府にある当事務所にご相談ください。

死亡事故の際には、ご遺族が加害者側との交渉をしないといけませんが、
専門家にお任せするのが一番です。
加害者側との話し合いをおこなう時には、冷静に話さないといけませんが、
感情的になり、話し合いにならないケースがあります。
専門家にお任せすることにより、
加害者側と交渉をしなくてもよくなるので、
精神的に楽であり、損をすることもありません。

加害者側や保険会社は、できるだけ支払うお金を少なくしたいという思いがあり、
示談に持ち込もうとしてくるケースがほとんどです。
専門的な知識がないかたは、すぐに示談を成立させて終わらせようとしますが、
加害者側は罪が軽減される可能性があるからこそ、
示談を成立させようとしているのであり、
ほとんどの場合で誠意ではないのが事実です。
相手側との交渉の際に、専門家を間に入れないと、
相手側の思うままに交渉が進んでしまいます。
後に相手側の考えがわかり、後悔をしてしまうことになってしまいます。

交渉はもちろん、面倒な手続き等もすべておこなうことができ、
精神的や肉体的にお任せをするのが楽です。
身内のかたが死亡事故に遭ってしまった時は、
まずは専門家に相談をし、
どのように対処していけばいいのかを話し合ってみてください。

投稿者 まこと法律事務所 | 記事URL

2014年9月 5日 金曜日

死亡事故の際には大阪府にある当事務所の弁護士へ

死亡事故の際には加害者側から被害者側への慰謝料が発生します。
ご家族が対処するのは非常に危険です。
加害者側のかたと感情的な交渉になってしまいがちであり、
話し合いをしたくないというかたも多々存在しています。
相手側の保険会社との交渉も、
納得ができない金額だと、暴力沙汰になってしまうこともあるので、
弁護士にお任せをしたほうが良い交渉となります。

保険会社は交渉のプロです。
できるだけお金を支払わないように誘導をしてくることや、
示談金を支払って済まそうとしてきます。
専門的な知識がないかたが対処するのは相手側の言いなりになることに繋がり、
損をしてしまい、後に後悔をすることになってしまいます。
また、相手側が弁護士に依頼をした場合は、
さらに専門的な知識や交渉術が必要であり、
弁護士に依頼をするのが適切です。
法律事務所の中には、成果報酬のシステムを採用しているところもあります。
成果報酬のシステムは、
相手側から多くお金が請求できた中からお金が支払われるので、
お金の持ち出しがないシステムとなっています。
交渉に絶対の自信があるからこと採用しているシステムであり、
損をすることは一切ありません。
死亡事故の際にはなるべく交渉に自信があるかたにお任せすべきです。

投稿者 まこと法律事務所 | 記事URL

電話予約はこちら06-6311-3001
アクセス


〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満
1丁目2番5号
大阪JAビル4階

【営業時間】9:00~19:00
【定休日】土曜、日曜・祝日
※事前の予約で土日、夜間の相談可

お問い合わせ 詳しくはこちら