ホーム > 刑事事件との関連性

刑事事件との関連性

遺族も裁判に参加できます。

遺族も裁判に参加できます

加害者が刑事責任を追及される裁判の場合には、被害者・遺族も参加できる制度があります。これは被害者の立場を考えて導入されたもので、平成20年から行われています。
以前なら遺族は傍聴席で裁判を見守ることしかできなかったのですが、この制度を利用することで、裁判に積極的に関わることができるようになりました。

被害者参加制度でできること。

被害者参加制度でできること。
  • 法廷の中に入れる。
  • 「どんな状況で事故が起こったのですか?」等の質問ができる。
  • 意見陳述ができる。

※意見陳述は、弁護士が代わりに行うことが可能です。あらかじめ、遺族の方の意見をうかがい、まとめておいたものを弁護士が法廷で読み上げます。

まこと法律事務所では、遺族の方の立場を大切に「被害者参加制度」のサポートも積極的に行っております。何でもご相談ください。

電話予約はこちら06-6311-3001
アクセス


〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満
1丁目2番5号
大阪JAビル4階

【営業時間】9:00~19:00
【定休日】土曜、日曜・祝日
※事前の予約で土日、夜間の相談可

お問い合わせ 詳しくはこちら