ホーム > 適切な損害賠償とは

適切な損害賠償とは

被害者への正しい補償のために

被害者への正しい補償のために

被害者とその遺族は、加害者と保険会社から損害賠償について、きちんと補償をしてもらう権利があります。
ところが保険会社は不当に安い補償の金額を提示してきます。
多くの方はよくわからないまま、「これが相場なのかな?」といった感じでサインしてしまい、あとで後悔してしまうことも少なくありません。

本来、裁判所で争えば支払われる基準の金額、これを裁判所基準といいますが、そのことを知らないで、保険会社の言われるままになってはいけません。
弁護士は、そんな方々のお役に立つように、保険会社と交渉します。

裁判所基準の重要性

裁判所基準の重要性

保険会社は、損害賠償の金額をその会社の中で設けている「保険会社基準」で算出した金額を提示してきます。
弁護士や裁判所でつくっている基準では、一家の経済を支える方が亡くなった場合の2,800万円(遺族への慰謝料を含みます)です。
保険会社のほうは1,500万円です。この間に1,300万円の差があります。

このままでは保険会社が提示してくる金額のままになってしまいます。
弁護士であれば知識と経験を駆使し、この差をなくすように保険会社と交渉をします。

弁護士が交渉するメリット

遺族の方は、事故のあと、ご家族が亡くなった大きな心の痛みを抱えていらっしゃいます。
そのような精神的な負担を感じている最中、保険会社と交渉しなくてはなりません。
また、忙しい生活を送っていらっしゃる中、時間的に余裕のない状態で、専門的な知識を持たないまま、話し合いに応じることは不利です。

さらに、事故に遭った方が亡くなってしまっているので、事故の状況が正確に把握できるとは限らず、被害者の方に責任が押し付けられる場合もあります。
ときには被害者の方の方にも過失がある場合もあります。そのような状況だと、保険会社は損害賠償金額を減額してきます。

弁護士であれば、事故の状況を正確に知るために、刑事記録を取り寄せます。そのうえで、問題点をきちんと保険会社に指摘します。

電話予約はこちら06-6311-3001
アクセス


〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満
1丁目2番5号
大阪JAビル4階

【営業時間】9:00~19:00
【定休日】土曜、日曜・祝日
※事前の予約で土日、夜間の相談可

お問い合わせ 詳しくはこちら