ホーム > 加害者の処罰

加害者の処罰

交通事故の加害者はどんな責任を負うの?

交通事故の加害者はどんな責任を負うの?

大切な家族を奪ってしまった交通事故。
その事故を起こした加害者はこれからどうなるのか、知りたいところです。
加害者への処罰についてご説明します。
加害者が負う責任には次の3つのものがあります。

1. 刑事責任
刑事責任

この責任については、警察が調査します。捜査の結果、刑事責任が認められると「罰金を払う」「刑務所に入り、禁固刑または懲役刑を受ける」ことになります。
交通事故の場合、起訴猶予で終わることが多く、刑罰を科されることはありません。
ただし「民事責任」とは別なので、遺族は責任を追及することができます。

もし、起訴された場合は「無罪」「有罪」に分かれることにありますが、まず無罪はありません。上記のように、罰金刑や懲役刑などの刑罰が与えられます。

2. 行政責任

公安委員会に基準に沿い、加害者の免許の取り消し、停止が行われます。

3. 民事責任
民事責任

事故によって、被害者や家族が受けた被害を金銭によって、補償するという責任です。
刑事責任に問われないという審判が下された事故であっても、遺された家族加害者に対して、民事責任を追及することができます。その際には、刑事責任の際の供述調書や実況見分調書が大切な資料になりますので、警察の捜査に協力することも重要です。
また、つらいことでしょうが、遺族も証拠を集めることが必要になります。

供述調書

警察などが事故の様子を文書の形で残したものです。起訴されると供述調書は公開されます。

実況見分調書

警察が事故の状況を被害者、加害者から聞き取り、事故の状況を図面として記録したものです。加害者が被害者を認識した場所とタイミング、ブレーキを踏んだ位置、ハンドルを切ったタイミング、被害者の倒れた位置など詳しく調べ、記録として残します。

車体の損傷状況・ブレーキ痕の記録

被害者、加害者の車体の損傷状況、タイヤの摩擦状態などを撮影しておきます。
急ブレーキの痕の撮影、測量を行います。実況見分調書も参考になります。

道路の状況の確認

事故現場の道路、地理的条件を写真などの記録で残しましょう。
のちに道路工事により、状況が変わってしまうこともあります。

目撃者を探す

交通事故の瞬間を見た人を、チラシなどを配布して探しましょう。

電話予約はこちら06-6311-3001
アクセス


〒 530-0047
大阪府大阪市北区西天満
1丁目2番5号
大阪JAビル4階

【営業時間】9:00~19:00
【定休日】土曜、日曜・祝日
※事前の予約で土日、夜間の相談可

お問い合わせ 詳しくはこちら